Android版TwitterがUIを刷新、マテリアルデザイン採用で今っぽくなる

2016-06-08 6:56

Twitter for Android

Twitterは2016年6月7日、Android版公式アプリをアップデートし、ユーザーインターフェース(UI)を刷新したことを発表しました。本日からアップデートが順次配信されています。サーバーサイドでスイッチが入ればUIが変更される形になっています(最新バージョン6.0.0で確認)。

新仕様では、Googleが近年推奨しているマテリアルデザインを採用し、ユーザー体験の向上が図られています。主な変更点は以下のとおり。

  • 上部がタブバーになり、スワイプしてタイムライン・通知・ダイレクトメッセージ・ニュース間を画面遷移できるようになった。タブの上にはユーザーアイコンと検索アイコンが表示されるが、スクロールすると上に隠れて画面を広く使える。
  • プロフィールやハイライト、リスト、おすすめユーザー、設定などのナビゲーションメニューを左からスライドして表示するドロワー形式に変更された。ドロワー上部はカバー画像とユーザー名、ユーザーアイコンが表示される。アカウントの切り替えも可能。
  • 右下の丸いフローティングアクションボタンからツイートを作成できるようになった。