スマホで検索が劇的に捗る、Googleが「Now on Tap」を国内で提供開始

2015-11-10 17:00

Google Now on Tap

Googleは、Google検索アプリの新機能「Now on Tap」を日本で提供開始しました。英語に続く2言語目が日本語になり、Android 6.0マシュマロ搭載端末で利用できます。

Now on Tapは、Android端末のホームボタンを長押しすることで利用できるGoogle Nowの拡張機能で、ウェブページやアプリで表示されている画面を自動で解析し、次に必要と思われる情報や機能を提示する機能です。

Google Now on Tap

たとえば、LINEでホームパーティーのメニューをトークで相談していて「フォンデュ」にしようという流れになった際には、トーク画面のままホームボタンを長押しするだけで、クックパッドアプリでレシピや必要な食材などを簡単に検索して確認することができます。

Now on Tapでは、場面ごとに変わるニーズに対応するため、ナレッジグラフや自然言語の理解、またApp IndexingといったGoogle検索がこれまでに培ってきた様々な技術を組み合わせることにより、適切な候補の表示を実現しているとのこと。

これまで、スマホで記事を読んだりしていて疑問に思ったことがあっても 基本的にそのキーワードをコピーし、検索アプリを立ち上げて貼り付け、検索をかけるというのが一連の作業でした。ホームボタン長押しだけでそれが完結できてしまうNow on Tapは、スマホにおける検索をとても便利にしてくれそうな機能です。

Now on Tapの利用には、Android端末の「設定」で[Google]→[検索とGoogle Now]→[Nowカード]と進んだ画面で「Now on Tap」の設定を有効にします。ただし、この設定オプションは順次ロールアウトされているようです。