マイクロソフト「OneDrive」の無料容量を15GB→5GBへ縮小 容量無制限プランも廃止

2015-11-04 10:50

OneDrive

Microsoftは、クラウドストレージサービス「OneDrive」における提供プランを大幅に変更することを発表しました。

主な変更点は以下のとおりで、無料で提供されていたストレージ容量が全面的に縮小されます。

  • 有料プランにおいて100GBおよび200GBのプランは廃止され、代わりに2016年初頭より月額1.99ドルの50GBプランが提供される予定
  • Office365ユーザー向けには容量無制限でストレージが提供されていたが、これが廃止され、無料で使えるのは1TBまでとなる(すでに適用済み)
  • 無料アカウントで使えるストレージ容量は、2016年初頭より15GBから5GBに縮小される。カメラアップロード機能向けの15GB追加ボーナスも終了

なお、無料OneDriveアカウントを持ち、5GB以上の容量を使っているユーザーは、今回の変更が適用されてから少なくとも12カ月の間、それらのファイルにアクセス可能とのこと。

Microsoftはプラン変更の理由について、一部ユーザーが多数のPCをバックアップし、OneDriveを膨大な映画コレクションなどを保存する目的で使っているせいだとしています。75Tバイトものデータをアップロードするユーザーも存在し、これは平均的ユーザーの1万4000倍に相当するといいます。