目の動きから居眠り運転の危険も知らせるメガネ型ウェアラブル「JINS MEME」が11月5日発売

2015-10-14 16:05

JINS MEME

ジェイアイエヌは、各種センサーを搭載して自分の状態を可視化するセンシング・アイウェア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を11月5日より発売します。

JINS MEMEはメガネとしてのデザインや機能は損なわず、JINS独自開発の3点式眼電位センサーと6軸センサー(加速度・ジャイロセンサー)を搭載し、目の瞬きや視線移動、体の動きを取得。Bluetooth連動のスマートフォンで専用アプリを通じて、取得したデータを様々な情報として知ることができます。

JINS MEME

カジュアルからビジネスまで幅広いシーンに対応したウェリントンタイプの「JINS MEME ES」、激しい運動時でも顔にフィットするハーフリムタイプの「JINS MEME MT」の2モデル展開で、価格はそれぞれ3万9000円(税別)、1万9000円(税別)となっています。

JINS MEME

専用アプリには、アタマ年齢・カラダ年齢として健康状態を反映する東北大学・川島隆太教授監修のアプリ群のほか、ランニングフォームをリアルタイムにチェックできる「JINS MEME RUN」や、運転中の“眠い”と推定される目の動きを検出して通知する「JINS MEME DRIVE」など、様々なカテゴリのものが用意されます。

また「JINS MEME Lab」として開発者向けにSDKやAPIを公開し、斬新なアプリの開発も広く募っています。