Facebook、自分の死後のアカウント管理人を指名できる機能を国内でも利用可能に

2015-05-12 13:46

Facebook

Facebookにおいて、ユーザーが亡くなった後の追悼アカウントを管理してもらう管理人を、生前に指名できる新機能が日本でも利用できるようになりました。

同機能は2月に米国で追加されたもので、今回は世界に先駆けて日本とオーストラリア、ニュージーランドで提供が始まりました。

関連:Facebook、死亡したユーザーのアカウントを管理できる「相続人」機能を追加

ユーザーの死後、指名された管理人は、「追悼」と表示されたタイムラインで葬儀のお知らせや特別メッセージなど一番上に表示される投稿をおこなったり、まだつながっていなかった家族や友達からの友達リクエストへの対応、プロフィール写真やカバー写真の変更などを操作できるようになります。

また、Facebook上でシェアされていた写真や投稿、プロフィールなどのアーカイブのダウンロードを、追悼アカウント管理人に許可するかも設定可能。また管理人は、追悼アカウントに本人としてログインすることはできず、故人のプライベートなメッセージを閲覧することもできません。

Facebook

追悼アカウント管理人の指名は、設定ページから[セキュリティ]と進み[追悼アカウント管理人]からおこないます(公式アプリからは現時点で設定できないようです)。なお、追悼アカウントに切り替える代わりに、利用者はご自身の死後にFacebookアカウントを永久に削除するという選択も可能です。