LINEのトークに「ノート」機能、二人だけの思い出や約束などを残せる【使い方】

2013.07.31 17:38

LINE

LINEがアップデートを行い、1:1のトークにおいて「ノート」機能が追加された。使い方をはじめ、相手にどのように通知され、見えるのかなどを紹介する。

「ノート」とは

トークでのやりとりが増えると、昔の会話や画像などがはるか上のほうへ流れてしまい、遡って探しづらかったり、見失うこともしばしば。そんな時「ノート」に大事な情報や画像を残しておくと、もう一度見たい時に手間なく簡単にチェックできるようになる。

もちろん、約束の日時や場所、二人で出かけた時の写真などをアルバム代わりにノートに残すなど、いろいろな活用ができる。使い方はグループトークの時の「グループボード」とほぼ同じで、ノートに投稿したり「いいね!」やコメントをすると、相手に通知されトーク画面にも表示される。

※「グループボード」の名称は、今回のアップデートに伴い「ノート」に変更された模様。

トークでの「ノート」機能の使い方

さっそく、使い方をみていこう。

ノートに投稿する

LINE

相手とのトーク画面で、右上の[V]ボタンをタップしてメニューを表示する。

[ノート]をタップ。

LINE

初回はこのような画面が表示される。

[投稿]をタップしよう。

LINE

投稿方法はグループボードホーム・タイムラインとほぼ同じ。

メールと同じような感覚で、テキストを入力。また、画面の中央部にある各アイコンを押すと、スタンプ、写真、動画、Webサイトのリンク、位置情報も添付できる。

アイコンは左からスタンプ、写真、動画、リンク、位置情報となり、それぞれ併用することが可能。準備が整ったら、右上の[完了]をタップしよう。

LINE

ノートに投稿された直後の画面。

自分でハート(いいね!)やコメントを付けることもできる。

相手にはどのように見えるか

LINE

トーク画面(相手の)にはこのように表示され、通常のトーク同様に通知される。

タップすると、ノートの投稿へ移行できる。

LINE

相手がノートを開いた画面。下部のボタンから、ハートやコメントを付けることが可能。

ただし、投稿を修正したり削除する権限はない。

LINE

ハートやコメントを付けた場合は、通常のトークと同様に通知が届く。

また、トーク画面にもその旨が表示される。

LINE

ノートを投稿した本人は、右下のボタンをタップして表示されるメニューから、投稿を削除したり修正することが可能。

ただし、修正または削除したことは相手には通知されないため、知らせたい場合は別途知らせる必要がある。

アプリオ編集部執筆のLINE本